はじめてのSQL_テーブルの作成や削除

データサイエンス

テーブルの作成や削除そしてデータの作成や削除の方法を学んでいきます。

テーブルの作成や削除そしてデータの作成や削除も、SQLで実行できます。

1 テーブルを作成する

テーブルの作成について学びます。

新しいデータの組み合わせでによるテーブルを利用したい場合など、SQL でテーブルを作る方法を学んでおくことで対応することができます。

テーブルを作成する SQLはCREATE TABLE文です。

書式/コード

書式は下記になります

CREATE TABLE テーブル名(
        列名 データ型,
        列名 データ型,
        …
)

CREATE TABLE の後にテーブル名を指定します。

半角スペースを入れて、続く()カッコの中で、テーブルで作りたい別の名前とその列のデータ型を指定します。

カンマで区切ることで、複数の列を指定することができます。

SQL は下記になります。

CREATE TABLE purchase (
    purchase_date TEXT,
    name TEXT,
    quantity INTEGER
)
  • テーブル名としてpurchase、購入するという意味
  • 続いて、()カッコのなかで、purchase_date、データ型がTEXT
  • 2つ目はname、これもTEXT型
  • 3つ目の列は quantity、型はINTEGER 整数

結果として作成されたテーブルは下記にのようになります。

purchase

purchase_date name quantity

テーブルができました、まだデータは入っていません!

ポイント

CREATE TABLE 文の中の()カッコの中で列名とデータ型を指定する点がポイントです。
これら列を正しく指定することで、必要なデータを持つテーブルを自由に作成することができます。

2 テーブルにデータを追加する

テーブルにデータを追加する SQL を説明します。

テーブルにデータを追加する SQL を学ぶことで、例えば必要なデータが今利用しているテーブルの中にない場合、自由にデータを追加してテーブルを利用することができます。

書式/コード

テーブルにデータを追加する SQL の書式は下記になります。

INSERT INTO テーブル名
  (列名1, 列名2,...)
VALUES
  (値1, 値2,...)

INSERT INTO の後にテーブル名を指定し 、その後に列名を指定します。
それに続いてVALUES句 の()カッコの中に追加したい 具体的なデータの値を入れます
指定した列の順に、データの値を入れるようにします。

SQL は下記になります。

INSERT INTO
  purchase (purchase_date, name, quantity)
VALUES
  ('2021/05/04', 'マスク', 20),
  ('2021/05/04', '石けん', 2),
  ('2021/05/04', 'アルコール液', 2)
  • INSERT INTO の後に先程作ったpurchaseを指定します
  • 列名も同様に指定します
  • 次のVALUES句の中で 、具体的にテーブルに追加したいデータを、カンマで区切りながら指定します

きちんとデータが追加されたのか確認してみましょう。
SELECT文でpurchaseテーブルの内容を確認してみます。

SELECT * FROM  purchase ;

結果は下記になります。

purchase_date name quantity
2021/05/04 マスク 20
2021/05/04 石けん 2
2021/05/04 アルコール液 2

ポイント

VALUES句の中で列の並びの通りに、データをカンマで区切って入れる点がポイントです。
また、テキストデータに関しては'(クォーテーション)で囲むことを忘れないようにしましょう。

3 テーブルからデータを削除する

テーブルからデータを削除する SQL を説明します。

テーブルからデータを削除する SQL を学ぶことで、
例えば更新したいデータを一旦削除して追加することで更新することができます。

書式/コード

テーブルからデータを削除するSQL の書式は下記になります。

DELETE FROM
    テーブル名
WHERE
        条件

DELETE FROM の後にテーブル名を指定します。
それに続いてWHERE句の後に、条件を指定します。
ここでどういった行を削除したいのかを記述します。

データ削除する SQL は下記になります。

DELETE FROM
  purchase
WHERE
  name = 'マスク'

purchaseテーブルから、条件としてname列がマスクとなっている行を削除する SQL になります

結果は下記になります。

purchase_date name quantity
2021/05/04 石けん 2
2021/05/04 アルコール液 2

ポイント

DELETE FROM文の中のWHERE句の中で削除したい行の条件を指定するところです。
SERECT句の場合のようにWHERE句で絞り込みをしましょう。

4 テーブルを削除する

このレクチャーではデータベースからテーブルを削除する SQL を説明します。

データベースに不要なテーブルがあって、データ容量を圧迫している場合などテーブル削除をすることで整理ができます。

書式/コード

データベースからテーブルを削除するSQL の書式は下記になります。

DROP TABLE テーブル名

DROP TABLEの後にテーブル名を指定します。

ドロップテーブルでpurchaseテーブルを削除するSQLは下記になります。

DROP TABLE purchase

以上、テーブル作成や削除/データ追加方法でした!

タイトルとURLをコピーしました